ロサンゼルス夜間外出禁止令

今晩7時頃、携帯電話の警報アラートが鳴りました。

タイトルは『Public Safety Alert』

内容は、「今晩8時から明日朝5時半まで外出禁止」というものでした。

突然のことで驚きました。しかも猶予は1時間!

この命令が出された理由は、現在アメリカ各地で起きている大規模なデモ活動が激化して、もはやデモ活動に関係のないような略奪や破壊行為、放火など暴徒化する人が多数出てきたためです。

そもそものデモの原因は、今月25日にミネソタ州ミネアポリスで白人の警察官に膝で首を9分近く押さえつけられた黒人男性がその後病院にて死亡が確認された事件にあります。(正式な死体検案書はまだ発表されていない)

アメリカの人種差別問題を浮き彫りにしたこの事件。多くの人が平和的にデモ活動に参加していました。

でもすごく残念なことに、過激なやり方や、ただこの騒ぎに便乗して暴徒化する人たちが混乱を引き起こしています。

ロサンゼルスの現地ニュースで見る限り、空からの映像には店のガラスを割ってものを盗んだり、大きなショッピングモールに大勢が押し入ってこれから略奪をしようとしていたり、パトカーに火をつけたりひっくり返したり、大きなビルも燃えていました。

こういう現象は他の州でも起きているらしく、今回の夜間外出禁止令はロサンゼルスだけのことではないようです。

このまま悪化すれば軍も動き出しそうな感じです。(現時点ではナショナルガードという警察よりも上の部隊が事態の沈静に動いているようです。彼らは大掛かりな兵器などは使用しない軍隊だそうです。)

アメリカは個人でも銃を持っていたりするから、これからどうなるか心配ですね。

ロサンゼルスでは昨日から、人数制限などの条件付きでレストランでの飲食やヘアサロンの再開が許可されたばかりなのに。

とはいえ、新型コロナウイルスの収束も目処が立っていないのにどうなるんだかこの国は。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする