[アメリカスーパーマーケットあるある]ぶどうのつまみ食い

タイトルからどんな場面を想像しましたか?

「アメリカのスーパーマーケットでは、ぶどうをつまみ食いする客がいる」?

・・・・・・・・・・

正解です。

誤解を避けるために2点ほど付け加えますと、

  1. これをする人は少数派。
  2. 万引きとかではなく、ただ単に味見するため1粒、2粒つまんでいるというスタンス。

1. これをする人は少数派

少数派とはいえ、アメリカに住んでいる人なら必ず一度は目にしているのではないかと…。

アメリカ人の友人(ハワイ出身)に「これってアメリカでは普通なの?」と聞いてみたところ、「普通ではない。」と返ってきました。

「海外からアメリカに移住してきた人達の出身地の文化なんじゃない?」だそうです。

確かに私が見た中では、中東かヨーロッパ系のお客さんに多いかも。

2.万引きとかではなく、ただ単に味見するため1粒つまんでいるというスタンス。

もしかしたらヨーロッパや中東では、ぶどうは味見してから買うのが普通なのかもしれません。

日本のスーパーだったら、試食コーナー以外の食品を勝手に食べるのはルール違反ですよね。

でもアメリカは多民族国家だからか、スーパーではこういう細かいところは黙認されていることが多いように感じます。

たかが(?)ぶどう数粒ですからね。

「文化の違い」なのか「価値観の違い」なのか…

2018年に、シカゴ在住のライターさんがTwitterで「スーパーマーケットでぶどうを買いたい時、あなたは購入前に味見する?」という面白い質問をしています。

それに対する回答は、13%が『一粒だけ味見する。』、6%が『2〜3粒味見する』、81%が『味見しない』となりました。

このツイートに対する意見を見てみると、購入する前に味見しない派に「ぶどうを洗わずに食べるなんて!農薬やバイ菌は気にならないの?」というものが結構有りました。

代金についてよりも、衛生面での意見の方が多かったです。

確かにそうだけど、ぶどうの代金の前に「気になるのはそっちかよ!」と思ってしまいました。(笑)これって日本人的な考え方なの?

そして味見する派が「味見もしないでどうやって、そのぶどうが購入する価値があるのか分かるのよ」と言ったのに対する、味見しない派の回答がこれまた面白かったです。

「そうよね。私もリンゴを買う時は一口かじってからどれを購入するか決めているわ。」(ジョーク)

アメリカでもさすがにリンゴを選ぶ時1つ1つかじっている人はいません。(笑)

「僕もsubway(サンドイッチ屋)では注文する前にショーケースを乗り越えてミートボールの味見をしてから決めているよ。」(ジョーク)

これはもう、きっとどこの国でも文化とか価値観とか以前の問題になってしまいますね。(笑)

ザ・シンプソンズ

アメリカの超有名アニメ『ザ・シンプソンズ』でも、「スーパーマーケットでのぶどうのつまみ食い」について扱っている場面がありました!

シーズン2第26話”Homer vs. Lisa and the 8th Commandment”日本語吹き替え版では『良心の呵責』。

9分頃に出てきます。

果物売り場で母親がなんの躊躇もなくぶどうをつまんでいるところを自分の子供に注意され、お会計時「ぶどうを2粒食べたので加算してください。」と告げます。

そこでもやはり店員さんは、「ぶどう2粒?そんなこと誰も気にしないよ。」と返しています。

面白いので是非観てみてください!

AmazonでDVDの購入ができます。

アメリカでは『Disney+』加入でも観れます。

もしくは、YouTubeで「Price check on two grapes」で検索してみてください。

まとめ

アメリカのスーパーマーケット、皆さんも利用する機会があれば、是非ぶどう売り場をチェックしてみてください。

あなたもぶどうのつまみ食いに遭遇するかも!

ではまたね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする