【感動ミュージックビデオ】ミスチルの『くるみ』

Mr. Childrenの『くるみ』

初めてこの曲のミュージックビデオを観た時、心が揺さぶられて泣いた。

曲と完全に融合して、物凄い熱量のメッセージをガツンと受けたから。

大まかな内容は、幼なじみの4人のおじさんたちがバンドを組んで、もう一度音楽活動の夢を追いかけるっていうもの。

それぞれ社会人としての今の現実、現状は時にシビアで悔しかったり悲しかったり、または幸せなんだけど単調な枠にはまった日々。

それに対比するようなバンド活動に対する情熱、それにグッときた。

いつくになっても本気で好きな事があって、情熱をかけてやり続けられる事ってすごく素敵だなって思った。

Mr.Children 「くるみ」 MUSIC VIDEO

私の一番好きな歌詞のパートは、

ねぇ くるみ

あれからは一度も涙は流してないよ

でも 本気で笑う事も少ない

引用元:Mr. Children 「くるみ」

もうね、PVのシーンと完璧にはまってる。

なんか今の自分の生き方を振り返ってどきっとする部分でもある。

あと2つ好きな歌詞は、

とはいえ暮らしの中で

今 動き出そうとしている

歯車の一つにならなくてはなぁ

引用元:Mr. Children 「くるみ」

ねぇ くるみ

時間が何もかも洗い連れ去ってくれれば

生きる事は実に容易い

引用元:Mr. Children 「くるみ」

明日は仕事休みだーって日の夜は、ミスチルとこの映像作った人天才だな!なんて熱く思いながら過ごす。

音楽っていいよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする