イースターって何するの?

How are you? Chiaです(^^)/

今の時期ロサンゼルスでは、いろんなお店でEaster(イースター)デコレーションが見られるから面白いよ。

イースターは日本ではまだ、クリスマスやハロウィン、バレンタインほど盛大ではないよね。

十字架に架けられて死んだキリストが復活した日をお祝いする、キリスト教の大事なお祭りなんだって。

祝い方は各国、各地域によって異なるみたい。

イースターで、思い浮かぶのはイースター・エッグ、イースター・バニー。卵はカラフルに色づけされたり、きれいな模様が描かれたり。子供達が隠された卵を探すっていうのも、すごく楽しそうだよね!

とりわけ、この時期の飾り付けは春らしくて爽やかなパステルカラーで大好き。
お菓子のパッケージなんかも特別で可愛いの。

redplum®チラシより

イースターって何をするの?

うちの旦那さん(アメリカ人)にも、子供の頃はどうゆう風に祝ってたのか聞いてみたよ!

エッグハント

<各家庭で>

  1. ガチャガチャのカプセルのように、開け閉めが出来るプラスチックの卵の中にお菓子やおもちゃ、お金等を入れる。
  2. 家の中や庭に、親達が卵を隠す。
  3. バスケットを持った子供達が卵を探す。

<学校や企業などのイベントで>
 学校では親も参加してのイベントで、学校の校庭に教師と親が隠しておいた卵を子供達が探す。企業などのイベントも親が卵を隠す以外は同じ感じ。
どちらの場合も、たくさん見つけられた子、もしくは特別な絵柄のついた卵を見つけられた子が優勝等と決めて楽しむ事もある。

卵にデコレーション

 口に入れてしまっても安全なインクで卵に色を塗ったり絵を描いたりする。他にも、イースターバニーの塗り絵をする等。どちらも家庭や学校でやってたんだって。

イースターエッグはこんな風に売られてるよ

日本の100円均一ショップのような、アメリカの1ドルショップにもイースターエッグがたくさん売られてたよ。

カラフルなプラスチックの卵達
下に写っているのは、見つけた卵を入れるためのバスケット。

真ん中からパカッと開けられるよ。

ウサギとヒヨコ柄もあった!

イースターの日のお出かけ

それから、家の中にはイースターの飾り付けも。

また、家族で豪華なブランチも楽しむんだって。イースターの日付は固定されていないけれど、日曜日と決まってて、食べ放題をやっているレストランでは、『イースターサンデーブランチ』をするところも。

店内をイースターのデコレーションにして、お料理はイースターの特別メニューをプラス。この日はパステルカラーのドレスを着た女の子やスーツを着た男の子、おめかしした可愛い子供達をちらほら見かけるよ。

勿論クリスチャンの中には、教会へ行ってキリストの復活したとても崇高な日を皆で分かち合うという祝い方の人たちも。

今年のイースターは、今月の16日(日)だよ☆

ではまたね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする