【海外在住・日本の運転免許証】更新期間中に一時帰国できなくて失効した場合の再取得方法【タイムリミットは3年!】

アメリカ生活
海外在住者
海外在住者

日本の運転免許証の更新期限が近いけど、しばらくは帰国できない!

このままだと期限が切れるから、また1から免許を取り直さなくちゃいけないの!?

こんな状況にある海外在住のあなたへ。

ご安心ください!

日本の運転免許証は、やむを得ない理由により更新ができなかったことによる失効から一定期間内であれば、学科試験・技能試験は免除され、再取得することができるんです。

本記事はこんな人におすすめです

海外に住んでいて、頻繁に一時帰国出来ない。
日本の運転免許証を更新出来ないので、期限が切れて失効してしまいそう、又は失効してしまって困っている人(失効後3年以内)。

本記事でわかること
  • 海外在住者が、やむを得ない理由によって、有効期間の満了で失効してしまった日本の運転免許証技能試験及び学科試験を受けずに新たに取得する条件と方法
  • パスポートの出入国スタンプは何かと重要になるから、空港で自動化(顔認証)ゲートを利用するなら手動でスタンプを押してもらう必要があるという事

失効日から3年以内なら一部試験の免除が受けられる

海外在住で一時帰国が間に合わない」というやむを得ない理由の為、免許証の更新ができなかった場合には、免許が失効した日から3年以内、かつ最初の一時帰国の時から1か月以内に再取得の手続きを行えば、免許試験のうち、技能試験及び学科試験が免除されます。

更に、「失効した免許を受けていた期間は、継続して免許を受けている期間に含む」とあるので、ゴールド免許(優良運転者)だった方はそのまま引き継がれることになります。

ゴールド免許だと、自動車保険料の割引などが受けられるから嬉しいよね!

新しい免許証を再取得するまでは車両を運連することはできません。免許センターまでの移動手段を考慮しておきましょう。

警察庁webサイトの情報からは、失効した日から6か月以内の手続きであれば『最初の一時帰国から1か月以内』という縛りは無いように読み取れます。但し、最初に一時帰国した時に手続きをしなければ『海外在住というやむを得ない理由』の効力を失うので運転免許の経歴は継続されなさそうです。(公式情報要確認)

かつて一時帰国した際にやむを得ない理由に基づく失効による手続を行わなかった場合、最初の一時帰国のときが当該事情がやんだときとなることから、再度帰国した際には、やむを得ない理由に基づく失効による手続が認められない場合があります。

出典:警察庁webサイト『有効期間の満了により免許が失効した場合』

失効日から3年を経過した場合、試験の一部免除は認められません(例外有。詳細は公式の情報をご確認ください)。

申請に必要な書類など

  1. 申請書
  2. 旧免許証
  3. 申請用写真1枚
  4. パスポート(日本の出入国スタンプで更新期間中日本にいなかったことの証明が出来る)
  5. 滞在先である実家等が住所であることを証明する書類(本人宛の郵便物やそこに滞在していることを証明する書類(実家の世帯主等が作成したものなど。)
  6. 手数料

※申請する運転免許センターによって必要書類や手数料は異なる場合があります。

詳細は各都道府県の運転免許センターにお問い合わせください。(リンク先は各都道府県警察のwebサイト)

パスポートの出入国記録スタンプはマジで大事!

更新期間中日本にいなかった日本に一時帰国してから1ヶ月以内である等の証明は、パスポートに押されているはずの日本の出入国記録スタンプで示すことができます。

その大事なスタンプ、実は出入国審査場で自動化(顔認証)ゲートを利用すると証印が省略されるので、手動で押してもらう必要があります!

因みに、以下の手続きにおいても出入国スタンプによる証明を必要とする場合があります。

・海外渡航中の運転免許証の有効期限経過による再取得の手続

・海外から帰国した場合における転入届に係る手続

・年金保険に関する合算対象期間(免除期間)の証明手続

・非居住者の免税手続

・外国査証の申請手続

出典:出入国在留管理庁webサイト『スタンプ(証印)について』

つまり、かなり大事なスタンプって事!

筆者:CHIA
筆者:CHIA

自分のパスポートに必要な時期のスタンプがちゃんと押されているか確認してみて!

出入国スタンプが押されていない場合

後から出入国を証明する方法は2つあります。

緊急に必要な場合

出入国手続きを行なった『地方出入国在留管理局』に問い合わせる。

出入国した空港の管理部門オフィスへ直接行って、過去のスタンプを押してもらう様です。

筆者:CHIA
筆者:CHIA

大体の受付時間が、平日の9時頃から17時頃までとなっているのでご注意ください。

記録の開示請求をする

入国管理局に対して『出入(帰)国記録に係る開示請求』をする必要があります。

法定代理人以外の代理人請求は認められておらず、窓口(在東京)、または郵送で手続きを行います。

どちらの方法も基本的に開示請求を行ってから30日以内(場合によっては延長も有)に開示決定を行うとしています。

筆者:CHIA
筆者:CHIA

申請に必要な書類集めに手間取りそう。一時帰国で30日以上滞在するのも現実的に難しいかな。できれば避けたい手段ですね。

出入国した空港に行くことも、開示請求することも難しそうな場合

各都道府県の運転免許センターに相談してみましょう。

何かアドバイスや特例が聞けるかも知れません。

例えば、

免許証失効後6か月以内であれば、海外在住など関係なく通常の再取得手続きで一部試験の免除が受けられる。但し運転免許の経歴は引き継がれない、もしくは次の更新時に今回の証明を提示できれば経歴を戻せる等。(必ず公式機関の情報を確認してください。)

筆者:CHIA
筆者:CHIA

私の場合は、出国スタンプがはっきりと押されていなくて不明瞭だったので、免許センターに問い合わせました。(因みに、固定電話宛の国際電話だったので通話料金を安く抑えられるSkypeを使いました。オススメです。)

結果は、日付がはっきり見えることと、不明瞭ながら日本の出国スタンプであると確認できるレベルだという理由で問題ないという回答をいただきました。

めんどくさいことにならなくてよかった!

皆さんもパスポートの出入国スタンプにはお気をつけ下さい。

まとめ:今回の情報源

新型コロナウィルスの世界的パンデミックで、中々一時帰国できない状況が続いていた時、実家に『運転免許証更新のお知らせ』が届きました。

私は現在ロサンゼルスに住んでいて、更新期間の2ヶ月の間に日本へ渡航する予定は立てられそうにありませんでした。

本記事は、その際に調べた以下の情報をまとめたものです。(2021年2月調べ)

本記事の情報が、同じ様な状況にある方の参考になれば幸いです。(今回の情報は今後変更されたり、条件によっては認められない可能性もあるので、詳細はその都度警察庁のwebサイト等よりご確認ください。)

ではまたね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました