英語が不安だ。ロサンゼルスで歯科医院を探して受診する

How are you? アメリカに移住し始めて約9ヶ月目、Chiaです(^^)/

HMOとかPPOとか

早速ですが、アメリカの歯科保険、私はHMOに加入しています。

私の今の保険知識によると、HMOは毎月の掛け金がPPOより安いけど、使える歯科医院の選択肢は狭まる。日本人医師の受診はほとんどがPPO

アメリカで初の歯科受診は、歯の詰め物がポロっと外れてちょっと緊急だったこともあり、保険がしっかり適応される前に受診する必要が(T T)。英語もままならず、心配だったので日本人の歯医者さんを調べて受診したよ。保険なしの歯科受診って精神的によろしくないです(苦笑)お会計が日本人からしたら恐怖。私の体験記はこちらから

ロサンゼルスで歯科医院を探せ!

歯のチェックに関しては、こちらでは保険もややこしいし、全てカバーされるわけでもないし、料金高めだし。etc etc…..

日本に戻れる時に治療してもらえばいいかと考えてたんだけど、こちらで住んでいくからにはやはり信頼でき、且つ利用しやすい歯科医院を見つけておく必要があるなと思い直し。

前回の診断で、虫歯かもしれないと指摘されていた反対側の歯に黒い影が見え始めたというのもあり。

いざ!L.A.の歯科医院を探せ!!

数日かけて、契約している保険で利用できる歯科医院を検索したんだけど、日本語の通じる歯科医が見つからない!

それらしい所はあっても車で1時間位かかる場所だったり。(L.A.のクレイジーな交通渋滞に引っ掛からなかった場合)

ここは諦めて「日本語が通じる」かどうかのフィルターを取っ払って検索開始。

yelp(レビューサイト)見たり、それぞれの歯科医院の公式ホームページ見たり。骨の折れる作業を地味に続けたよ。

英語で歯科医院を受診する

そして今日!アメリカ人歯科医さんの医院で初受診して来た!

英語でのやりとりが心配だったので、旦那さん(アメリカ人)にずっとついててもらった。

その日は歯のチェックアップ。レントゲン写真も撮りつつ全ての歯の状態を確認。

ちなみにレントゲン写真は個室に移動する事なく、その場で診察椅子に座ったまま行います。顔から下には重たいエプロンをつけて、口に機械をあてて撮影。

その日で虫歯があれば治療もするものだと思ってたから、ものすごく緊張して行ったんだけど、今日はチェックアップだけだった!( ゚∀゚)

お支払いは無し。保険でカバーされたみたい♪

保険無しで受診した時は、当たり前だけどレントゲン写真代も高くて。心の中で泣いたよね。

歯科保険HMOに感謝!!

I MISS YOU! JAPANの医療システム

いやぁしかし、そもそも歯科医院によって請求金額が違うとか、保険でカバーされない治療も多いとか、保険を使わなくても割引してくれる所もあるとか。アメリカの歯科受診、まだまだ奥が深いぞ。

どこでも受診できて請求金額に恐怖を抱かない、日本の素晴らしい医療保険システムが猛烈に恋しい今日この頃だよー。

次回は虫歯治療について書くね。

それではチャオッ(*’-‘) /

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする