【ビッグベア】自然に囲まれたログハウスを貸切【小型犬も一緒に泊まれる!】

ロサンゼルスから車で約2時間、標高2,060メートルにあるビッグベアは冬はスキー、夏は避暑地として人気の自然に囲まれたエリアです。

今回は8月前半に宿泊した、ビッグべアレイクにあるログハウスBlue Moose Lodgeを紹介します。(airbnbです。)

ベアマウンテン、Big Bear Alpine Zooまで車で5分、ビッグベアビレッジ、ビッグベアレイクまで10分と便利な立地で、ビッグベアへの旅行をお考えの方におすすめの宿泊施設です。

そしてもしあなたの愛犬が小型なら、今回の旅行は一緒に連れて行くこともできますよ!

ログハウスオーナーのMike & Mikaelさんからのウェルカムボード

外観

Blue Moose Lodge

青い建物で、周りはとても静かなエリアです。

4つの寝室と、3つのバスルームがあり、最大12名まで宿泊できます。

2、3家族合同で、または数名のお友達と泊まるのにぴったりの広さです。

一番のお気に入りデッキエリア

Blue Moose Lodgeで私が一番感動したのが、デッキから見渡せる一面の緑です。

周りには建物が密集していないので、広いデッキからはカリフォルニアの真っ青な空と、夏の時期の茂った木々、美しい緑で覆われた山が眺められます。

そして夜には都市の明かりも届かないので、満点の星空が広がります。

ぼんやりと白く流れるような天の川も見る事ができて感動しました!

デッキの右側奥にはホットタブもあります。(愛犬Leoが遠くに行かないように黄色い椅子でバリケードしています。笑)

ゲスト毎に、専門の業者がきちんと清掃して水を入れ替えたものがセットされているので、すぐに利用できます。

私たちは明るいうちに試しましたが、夜の星空を眺めながら入るのもまたロマンチックかと。

ただ、私はホットタブに入った後シャワーで流してもしばらく脚が乾燥して痒かったです。(泣)

水の消毒成分が私の肌には強すぎたようです。

それから広いデッキの左側には、バーベキュー調理器具とビッグベアらしい可愛い熊の置物があります。

テーブルと椅子もあるので、外で調理して大自然の景色を楽しみながらそのまま食事を楽しむ事ができます。

私たちは滞在1日目のバーベキューで危うく火事を起こしそうになったので、その後は消火器をすぐ近くで常備させていました。(汗)

大きな木も近いので、皆さんも滞在の際はご注意ください!

それから、同じ日の夜にバーベキューをしていたら突然大きな動物がデッキの隙間から顔を出したので、「コヨーテだ!!」と叫んで室内に慌てて避難したのですが、よく見ると首輪をつけた大型犬でした。

慣れた様子でデッキに入ってきて、しばらく散策した後去って行きました。ご近所さんの飼い犬かと思われます。

安心したのと同時に、少しがっかりしました。(笑)

デッキエリアでの朝

そんな爽快なデッキで迎える朝は本当に最高でした。

涼しい気温と澄んだ空気の中、真っ青な空と一面の緑を眺めながらゆっくりコーヒーを飲みました。

木の葉が風に揺れて奏でるサワサワという音と、どこか遠くの家から聞こえるウインドチャイム(風鈴みたいなやつ)の軽やかな音色が最高でした。

愛犬Leoもデッキで日向ぼっこをしたり、部屋の中で休んだりリラックスして過ごしました。

リビングルーム

次は室内のご紹介です。

リビングルーム中央には洒落た暖炉があり、三角屋根で天井が高く、とても開放的です。

またデッキとつながっているドアがガラス張りで窓も多く、日の光が存分に入ってきて爽やかで心地よい空間となっています。

その左側にはダイニングエリアがあって、長テーブルと8人分の椅子があります。

そしてダイニングルームの隣は広々として使いやすいオープンキッチンにつながっています。

リビングルーム右側の様子です。

ソファーは8人位が余裕で寛げる分あります。

ソファーの向かいには、テレビとサウンドバースピーカーがあります。

こちらはダイニングルームから2階への階段です。

ベッドルーム

続いて寝室です。

1階と2階に各2部屋の、合計4部屋あります。

マスターベッドルーム

主寝室にはキングサイズのベッドと暖炉があります。

1階ゲストルーム

クイーンサイズのベッドがあります。

2階ゲストルーム

クイーンサイズのベッドが2台あります。

キッズルーム

子どもたちの部屋にはシングルサイズのベッドが2台、ソファーベッド1台と二段ベッドが1台あります。

バスルーム

それからバスルームです。

もう一部屋のバスルームは写真がありませんが、3部屋とも広々と清潔で快適でした。

ガレージ

最後に、車庫です。

卓球台と、テーブルサッカー、ソファーがあり、ここでも楽しむ事ができます。

また、スキー板などのウィンタースポーツ用品を置ける広いスペースもあります。

その他

大容量の洗濯、乾燥機があって滞在中に重宝しました。

それからいろいろなボードゲーム、パズル、x-box、子ども用のおもちゃ、本などもあり、外出しなくても建物の中だけで快適に楽しく過ごせちゃいます。

宿泊予約

airbnbのサイトから詳細の確認、予約ができます。→Blue Moose Lodge

まとめ

8月前半のビッグベアの気温は、昼が大体23度、夜が10度前後と、暑すぎず寒すぎずで過ごし易かったです。

airbnbの利用は、普通のホテル利用と違って少し面倒だと感じる部分もありましたが、ホテル泊とは違って一軒家に泊まれる面白さがありますので、ぜひ検討してみてください。

ちなみに前回訪れたBig Bear Alpine Zooもおすすめスポットです。

2019年に訪れたときのブログ記事もよかったら覗いてみて下さい。

野生動物の保護とリハビリを行なっている動物園 Big Bear Alpine Zoo | HOW R U LA

Have a wonderful trip!!

ではまたね!